忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

いまわかった

今日は、東北のくせにバカじゃない!と思うくらい激暑な福島も、幾分過ごしやすかったですね。

ちなみに、最近のマロン嬢は、暑さでぐったりしてるそうです。

あの毛皮ですもんね。可哀そうに。


img2010072901.jpg

マロン専用扇風機もフル稼働ですよ。

私も、扇風機一つで頑張ってますよ。
クーラー?なにそれ?
あ、もしかして、私の部屋には、一回として設置された事のない、セレブのアイテム?

(`・ω・´) 扇風機メイツとして一緒にガンバっていこうねマロン。




……考えてはいけない、つっこんではいけない事が、人生には6個くらいあります。



余談。

最近、前髪を上げることに抵抗が無くなった。

img2010072902.jpg


あれほど、「うちの星で条例で禁止されてるから上げたくても上げれない」と慣れない嘘をついてまで抵抗していたのに。騙された皆、ゴメン。

ついに私にも裳着の時期が来たか。

こうやって女子は大人になっていくんですね。



*裳着とは、

以下wikipediaより引用

裳着(もぎ)は平安時代から安土桃山時代(皇族、貴族は明治時代)にかけて女子の成人を示すものとして行われた通過儀礼(男子の元服に相当)。成人した女子にはじめてを着せるもので、着裳(ちゃくも)とも称する。年齢は一定しないが概ね12-16歳(但し、戦国時代に於いては政略結婚に備えて8~10歳位に繰り上がった)。

一人前の女性になったことを示すもので、結婚させるべき親の意思表示である。裳を着せる役の者を腰結(こしゆい)と称し、徳望のあるものから選ばれる。また、日取りは吉日が選ばれ、裳の腰紐を結び、髪上げをする。また、「かねつけ親」の立ち会いのもと、初めてお歯黒を付け、眉を剃り、厚化粧をして殿上眉を描く(引眉)。これ以降、小袖は白、は緋(但し江戸時代以降は結婚まで引き続き濃紫)となる。

江戸時代以降、武家と庶民は男性同様元服と称し、年齢も、18~20歳位、又は結婚と同時に行うようになった。

引用終了

こないだ、元服って言ったのは、それほど間違いじゃなかったらしいよ。

拍手

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

::

プロフィール

HN:
みらい
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1980/05/26

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新記事

(01/19)
(12/25)
(09/07)
(09/01)
(07/23)

活字ラブ

アーカイブ

最新コメント

[08/27 ヒゲマスター]
[07/18 ヒゲマスター]
[06/21 イニシャルK]
[06/15 みらい(管理人)]
[06/11 ヒゲマスター]

最新トラックバック

ブログ内検索

カウンター